脱毛と育毛の違いはマッサージの必要性

脱毛と育毛の違いはマッサージの必要性

脱毛と育毛の違いはマッサージの必要性

体毛に関しては、しばしばマッサージが関係してきます。

 

人間の体毛に関するものというと、主に2つありますね。脱毛と育毛です。どちらも毛に関連する用語なのですが、2つともマッサージと大きな関係があるのです。
まず前者の育毛なのですが、マッサージは必須になります。育毛剤などを用いる時には、頭皮に対するマッサージをするべきです。なぜならマッサージをするか否かで、育毛剤の効能が大きく違ってくるのだそうです。

 

というのも育毛剤が頭皮の内部に浸透すると、髪の毛が生えやすくなります。浸透を補助する為に、頭皮マッサージをしてあげるべきという訳ですね。
基本的には頭皮に対して爪を立て無いようにマッサージを行うべきです。頭皮が傷ついてしまうからです。

 

ところが脱毛の場合は、その逆になります。決してマッサージをするべきではありません。なぜならそれを行ってしまいますと、皮膚に対してネガティブな症状が発生する可能性があるからです。

 

そもそも脱毛の施術を受けた後は、あまり血行を良くするべきではありません。血行が良くなってしまうと毛穴が開いてしまいますので、細菌によるネガティブな症状が発生しやすくなってしまうそうなのです。ちなみにマッサージを行うと、血行が良くなりますね。ですので脱毛の施術を受けた後は、決してマッサージを行うべきではありません。。

 

また脱毛の施術では、そもそも何かを塗る事もありません。育毛剤のようなものを皮膚に浸透させる事がありませんので、マッサージをする意味があまり無い訳です。
育毛と脱毛という2つの言葉は、どちらも体毛に関連している事だけは明らかです。しかしマッサージが必要か否かという意味では、両者は異なる訳ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ